薔薇

最終更新日:16/07/25

バラが人類の歴史に登場するのは古代バビロニアの『ギルガメシュ叙事詩』である。この詩の中には、バラの棘について触れた箇所がある。

古代ギリシア・ローマでは香りを愛好され、香油も作られた。プトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラはバラを愛好し、ユリウス・カエサルを歓待したときもふんだんにバラの花や香油を使用した。

ローマにおいてもバラの香油は愛好され、北アフリカや中近東の属州で盛んにバラの栽培が行われた。クレオパトラと同様にバラを愛した人物に、暴君と して知られるローマ帝国第5代皇帝ネロがいる。彼が、お気に入りの貴族たちを招いて開いた宴会では、庭園の池にバラが浮かべられ、バラ水が噴き出す噴水が あり、部屋はもちろんバラで飾られ、皇帝が合図をすると天井からバラが降り注ぎ、料理にももちろんバラの花が使われていたと伝えられる。

中世ヨーロッパではバラの美しさや芳香が「人々を惑わすもの」として教会によってタブーとされ、修道院で、薬草として栽培されるにとどまった。

イスラム世界では白バラはムハンマドを表し、赤バラが唯一神アッラーを表すとされた。また、香油などが生産され愛好された。『アラビアンナイト』などやウマル・ハイヤームの『ルバイヤート』にもバラについての記述がある。

十字軍以降中近東のバラがヨーロッパに紹介され、ルネサンスのころには、再び人々の愛好の対象になった。 イタリアのボッティチェッリの傑作「ヴィーナスの誕生」のおいてもバラが描かれ、美の象徴とされているほか、ダンテの『神曲』天国篇にも天上に聖人や天使 の集う純白の「天上の薔薇」として登場する。またカトリック教会は聖母マリアの雅称として「奇しきばらの花」(Rosa Mystica)と呼ぶようになる。

出典:wiki

株式会社ブリヂストンは、これまでのカラータイヤ技術とは異なる全く新しいタイヤ印刷技術の開発に成功し、オートサロン2012にも出展している。

これまでも、古いアメ車等に装着されていたホワイトリボンタイヤなどが存在していたが、あれはあくまで着色したゴムを使用していた。

これは、変色を防いだり、耐久性を確保することが目的だったのだが、結果タイヤの質量が増えてしまう傾向にあったという。

今回の技術はそれとは違い、変色防止層の上に新規開発インクと保護層を印刷するもの。

これによって、質量の変化を抑えることが可能になり、燃費を含めた環境に配慮しつつも、タイヤをドレスアップすることができる。

将来は、ユーザー自身がデザインしたオリジナルタイヤの作成等のサービスも検討しているとあるが、何より落とすことが可能というところに魅力を感じる。

一旦印刷したものが不要になった・飽きてしまった場合に、タイヤ自体を買い換えることなく、新たなデザインへと印刷しなおすことが可能なのである。

この情報だけでも、これが一躍ドレスアップカーの常識となり、さらには新たなビジネスチャンスとなる可能性を感じずにはいられない。

勿論、既存タイヤとデザインタイヤの差額や、新たに印刷しなおす場合の価格、それに印刷の時間・印刷方法等、超えなければいけないハードルは山積している。

だが、そこまで高いものになるとは考えにくく、気軽に印刷のし直しが可能となれば、歓迎するユーザーも少なくないはず。

近い将来、ドレスアップ界を席巻する可能性も否定できないのではないか。

今後、さらに完成度を高め、全く新しい車のドレスアップ手法として、早期実用化を目指していくとしており、この行く末に目が離せない。

その他参考サイト

複数のカードローンをお持ちの方は少しでも返済額を減らしませんか?

そこでおまとめローンの利用をオススメします。

消費者金融のローンを複数持っていると大変なのは利息分の返済です。プロミスがいくら30日間無利息だからと言って利息の返済が大変なのには変わりありません。キャッシングもたしかに他の消費者金融会社と比べると低金利ですがこれもやっぱり利息の返済が大変です。

しかも最近FXの投資金に消費者金融を使う人が多いみたいですが、FXで確実に収入があるという保証がないのに利用するのは出来れば避けてほしい。

ましてやfx 初心者がFXのために消費者金融を利用するのはとても危険な行為だと私は思います。

それでもFXに挑戦してみたい!という方はまずはしっかりとFX 比較サイトを見てください。

自分に合った会社でFX口座を開設するのがFXで利益を出す第一歩ですよ!

Copyright (C)薔薇バラ同盟. All Rights Reserved.